アプリケーションを変更する

アプリケーションを公開したあとで、アプリケーションを変更する方法、また、変更を元に戻す方法について説明します

公開したアプリケーションの変更

公開したアプリケーションは後から項目を追加・削除など、変更ことができます。

アプリケーションを変更した後

変更したアプリケーションを他のユーザーが使えるようにするためには、再度アプリケーションを公開する必要があります。

アプリケーションのバージョン

アプリケーションにはバージョンが存在します。
アプリケーションを公開するとバージョンが上がります。

以前のバージョンに戻すこともできます。
以前のバージョンに戻した場合でも、それまでの間に登録されたアプリケーションのデータはそのまま引き継がれます。

1. CRAFT BLOCKS にログイン

  • アプリケーション作成権限のあるユーザーアカウントが必要です
    • アプリケーション作成権限についてはこちらを参照してください
  • CRAFT BLOCKS にログインします

2. 管理メニューを表示

  • アプリケーション作成権限のあるユーザーアカウントでログインします
  • ヘッダーにある管理メニューボタンをクリックします
    • 管理メニューが表示されます

3. アプリケーション管理画面を表示

  • 左サイドメニューから「アプリケーション管理」を選択します

    • アプリケーション管理画面が表示されます
  • 「アプリケーション作成」ボタンを押下します

    • アプリケーション作成画面が表示されます
  • 各アプリケーションのバージョンが表示されています

    • 作成完了後、一度も公開していない場合はバージョンが表示されません
    • 初回公開後のバージョンは、「1」になっています

4. アプリケーションを変更

4.1. アプリケーション管理詳細画面を表示

  • アプリケーション管理画面で編集したいアプリケーションをクリックします
    • アプリケーション管理詳細画面が表示されます

4.2. アプリケーション設計画面を表示

  • 設定ボタンをクリックし、選択肢を表示します
  • 選択肢から、「編集」を選択します
    • 確認ダイアログが表示されます
  • ダイアログの編集ボタンをクリックします

  • 「アプリケーション設計」画面が表示されます

4.3. 項目の変更

  • 項目名を変更する場合は、項目名の箇所をクリックし、文字を変更します
  • 項目の分類、計算式もこの画面で変更します
  • 変更した後は作成完了ボタンをクリックし、変更を保存します
  • 確認用ダイアログが表示されるので、作成完了ボタンをクリックします
    • アプリケーション管理詳細画面に戻ります

  • バージョンの表に新たに行が追加されています
  • アプリケーション変更後、公開前のバージョンは表のバージョン列が「作成完了」になっています

5. 違うバージョンを作成して再公開

  • アプリケーション管理詳細画面を表示します
  • 公開されているアプリケーションの設定ボタンをクリックして、「非公開」を選択します
  • バージョンが作成完了になっているアプリケーションの設定ボタンをクリックして、「公開」を選択します

  • 新たに公開したバージョンのアプリケーションに新たにバージョン番号が付与されています

補足 : バージョン追加について

  • 上記図のバージョン2をさらに編集すると新たにバージョンのアプリケーションが作成されます
    • 元になったバージョン2は残され、新たにバージョンが付与されます
    • それぞれのバージョンは更に編集することができます